株式会社四日市市生活環境公社
地球にやさしい




紙のリサイクルについて
 紙の原料は、自然の恵みを受け て育った木と言うことは、皆さんご承知かと思います。
 では、古紙1トンはどれほどの木に相当するのでしょうか?
 答えは、直径14センチ、高さ8メートルの木20本に相当すると言われています。

  
    桜    花   桜

 また、古紙を利用すると、パルプから製紙したときと比較すると1/3〜1/5のエネルギーで
 製紙することができます。 
 牛乳パックは、針葉樹を主原料としたバージンパルプからできています。
 1リットルの牛乳パック30枚(約1kg)でトイレットペーパーが5本もできます。 

 紙をリサイクルするということは、地球の環境保全にも役立っているのですね。

布・衣類のリサイクルについて
 布類は、主にウエス(油などを 拭き取る布)として工場などで利用されます。特に、木綿の
 シャツや肌着は、その利用価値が高いといわれています。また、一部の衣類は、古着として
 も再利用されています。

びんのリサイクルについて
 びんには、リターナブルとワン ウェイがあります。
 リターナブルびんは、洗浄・殺菌を施し、繰り返して使用します。一方、ワンウェイびんは細
 かく砕いて、カレットと呼ばれるガラスビンの原料にします。
 カレットを使用すると、バージン原料からガラスビンをつくる場合より、80%〜85%のエネル
 ギーですみます。国内での、ここ数年のカレットの平均使用量は年間1,300トン前後で、総溶
 解量の内、カレットの占める割合は70%に達しています。

                        びん                              びん                               びん 
                                                                                        (ビンの原料となるカレット) 
 空ビン類は主にビンとして再生されますが、最近では道路舗装材や建築用断熱材の原料と
 しても利用されます。

金属・飲料缶のリサイクルについて
 日本での鉄(鉄鋼)の生産量は、年間1億トンにも達しますが、その4割弱は鉄スクラップが
 原料と言われています。完成当時は、世界一高い電波塔であった東京タワーは、3分の1が
 リサイクル鋼材で建設されています。 


 紙のリサイクルと同様に、金属・飲料缶の リサイクルは省エネにも貢献します。
 飲料缶には、鉄(鉄鋼)からできているスチール缶と、アルミニウムからできているアルミ缶
 があることは、みなさんよくご存知ですよね。
 スチール缶のリサイクルで鉄を再生するエネルギーは、鉄鉱石から新たに鉄をつくる場合
 の33%ですみます。また、アルミ缶のリサイクルでアルミを再生するエネルギーは、原料で
 あるボーキサイトからアルミをつくる場合のわずか3%ですみます。
                           鉄鉱石                                     ボーキサイト 
         (鉄の主原料である鉄鉱石)          (アルミニウムの主原料であるボーキサイト)

 飲料缶のリサイクルは、省エネの優等生ですね。

ペットボトルのリサイクル
 ペットボトルの原料は、ポリエチレンテレフタラートと呼ばれる樹脂です。
 
素材的には、「暖かい生地」として、冬服の定番素材となっているフリースやワイシャツ、ブラ
 ウスなどの繊維と同じです。
 また、リサイクルされたペットボトルは、衣類の繊維だけでなく、カーペットやクリアホルダー、
 たまごパック、水切りネットなど身の回りにある色々な製品に大変身します。
 

Copyright(c)2006 四日市市生活環境公社 Co., LTD. All Rights Reserved.